怪獣スーツ何か全体的にくたっとしちゃうのが面白いよね 特撮速報
 

怪獣スーツ何か全体的にくたっとしちゃうのが面白いよね


随分と…




一応メフィラス星人以外はスペック自体は同じか上なんだよな…



目がやばいそっくりさんのゴモラⅡ



ベムスター目が死んどる…!



画像にいないけど月光怪獣の方のエレキングはくたくたしててかわいい



なんで左みたいな質感で作れないんだろうと疑問だったけど
ゼットンの左は撮影直後に角が崩壊したと知って
難しいものなんだなあと



ブモーは昔バンダイが出してたウルトラ怪獣プラモでボロクソに書かれてたの思い出す



ギャラファイでも再現されていたゼットンのふにゃふにゃ加減



ギャラファイのゼットン軍団に二代目が居なかった気がする



当時は基本プロポーションを保ってるのは撮影中だけでその後はみるみる劣化が始まる
エレキングなんか撮影中にもどんどん黄ばんでる



アトラクから持ってきたやつとか過去使った着ぐるみを修理したりとか工夫が伺える



タロウの怪獣ほんと酷い



>15
脚本だと別怪獣だけど人気怪獣に変更ってパターンが割とある



マン、セブンあたりと帰りマンからタロウあたりの予算が違ったりしない?



>16
撮影後アトラク前提になったのと造形スタッフの違いが一番大きい



凄く砂っぽいのは何なんだろうな



メフィラス顔長え



全体的にくたびれてる…



エレキングとベムスターはあ同一個体になるのか?




>24
初代ウルトラマンなんかは製作が追い付かなくなってやむなく打ち切りだしセブンは後半予算無くなって宇宙人も怪獣もスーツ出せなくなったりで体制が破綻してたからな
それと引き替えのクオリティではある



何か全体的にくたっとしちゃうのが面白いよね



マッハレスをベロクロンにする力技



画像の綺麗さのせいで左の方が新しいのかと思ったけど違うのか…



>>随分と…
>経年劣化がね…
二代目ゼットンは新造だぞ



ウルトラQ~セブンぐらいのスーツは映像ではキレイ目だけど相当脆かったらしくて
作品跨いで原型留めた再登場がほとんど無い
レッドマンとか帰りマン見るに5年経ったら死ぬほどふにゃってる



最初から最後まで頑張ってたのて初代くらいなイメージではある
セブンですらそれは無茶だろって低予算回あるし



平成でもウルトラゾーンとか怪獣散歩とか過去に作った着ぐるみでなんとかやってた時期があったからなぁ…



怪獣倉庫から引っ張り出したけどこれもうテレスドンに見えないな…
→これはデッドン!新怪獣ね!はだいぶ力技だと思う



>37
デッドンて誰かと思ったらサドラと戦ってた奴かおれが子供の時みた図鑑だとテレスドン2世だった記憶あったわ



何で軒並み弱そうになるんだ…



そもそも初代の頃から改造して別のきぐるみにするとかはやってたからな



二代目ゼットンはなんかマスコット的なゆるさ醸し出してるのが逆においしい



ゴジラ
ゴメス
ジラース



バラゴン一族はあんまくたってないな



ベムスターのなで肩じわじわくる



ベロクロン別人やん



>46
マジで別人だから困る



初代ゼットンも撮影時はめちゃくちゃパリッとしててカッコイイけど
これも当時のスーツ技術だからすぐ劣化しちゃったんだっけ






sns
Adsense
Relate entry
New entry
Comment







管理者にだけ表示を許可する
アクセスランキング
QRコード
QR